アメリカ留学中に外国人ばかりの少林寺拳法部に入部。大会でパフォーマンスも

シアトル留学中の小堺久実さんにインタビュー

アメリカ留学少林寺拳法

今回は、アメリカシアトルで少林寺拳法道場に通い活躍された小堺久実さんにお話を聞きました。
シアトルで自分の特技を活かした居場所を築くまでの道のりは、簡単なものではなかったようです。

少林寺拳法をはじめたきっかけは何ですか?

高校時代から合気道をやっていたのですが、大学の新入生歓迎の際にクラブの雰囲気の良さに惹かれて少林寺拳法部に入部を決めました。
特にシアトルで少林寺をやろうとは思っていなかったのですが、到着直後の4月にあったシアトル桜祭りで、少林寺のパフォーマンスをやっているのを見て、声をかけたのがきっかけです。

道場には5月の最初から通い始めましたが、最初は道場に通っている人がみんな日本人ではない人ばかりで、英語で練習が行われるのに慣れるのが大変でした。
でも通っているうちに、少林寺をやっている事もあり皆さん日本に興味のある人ばかりで、すぐに打ち解けられ、少林寺を通じてたくさんの友達が出来ました。

現地の学生とのパフォーマンス

シアトルで少林寺拳法の演舞

その後、9月にベルビューカレッジで開催されるパフォーマンスに出ることになり、シアトル大学の学生のルースと一緒に組んで演舞をする事になりました。
道場で一緒に練習する時間をなかなか作ることができず、先生の家まで行って練習させてもらったこともありました。
先生が難しい技をたくさん取り入れたこともあり、練習はとても大変でした。やりきった後、ルースとはただの練習相手という関係から本当の友達になれました。

11月のカリフォルニアでの大会に出ないかと先生に言われ、ボスキャリやインターンシップ探しと重なるためにずいぶん悩みましたが、ルースと話し合い二人で演舞に出場する事に。
体調不良なども乗り越え練習を頑張ったのですが、大会直前にルースが怪我をしてしまい、出場が出来なくなる事態に。

結局、一人での演舞に切り替え大会に出場する事になりました。精神的に辛いこともありましたが、ルースがカリフォルニアまで応援に来てくれて、何とか一人での演舞をやりきることが出来ました。
この経験から、常にポジティブでいる事の大切さを学ぶ事が出来ました。

帰国後の日本での目標

シアトル留学少林寺拳法部の食事 3月には帰国することになりますが、少林寺は世界共通という事を今回の留学で実感しました。
この経験を今後活かしていくのが今の目標です。たとえば、日本で少林寺をやっている人と、シアトルでやっている人の交流の機会を作るなど、何かしらの形にいていきたいですね。

小堺さんが利用したIBP留学についてはこちら:
海外インターンシップとキャリア留学 IBPプログラム

留学生活

筆者はIBPビジネス留学を実際に体験した奥岡権人くん。彼の体験レポートを参考に、IBPのイメージを膨らませよう! こんにちは、IBPの卒業生の奥岡権人@ketokunsanです。 最近は、衰えた英語力を取り戻したいのに、…

筆者はIBPビジネス留学を実際に体験した奥岡権人くん。彼の体験レポートを参考に、IBPのイメージを膨らませよう! こんにちは、立教大学4年の奥岡権人@ketokunsanです。 IBP修了生で、1年間オーストラリアのブリ…

留学する時には、皆さんいろいろな目的をもって来られると思います。でも果たして、留学で本当にその目的を達成できるのか、不安に思うこともあるのではないでしょうか。 もしそうだとしたら、今からご紹介する IBP 生、世羅侑未(…

ベルビューカレッジコース 49期生(2013年4月〜留学) 国際基督教大学社会学専修3年(プログラム参加時)。IBP 留学前には、大学のプログラムの一環でアメリカの大学に6週間短期留学。ダンスが得意で、渡米早々ダンスクラ…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の中村莉那と廣田誠治です。私たちは今 IBP ビジネス留学プログラムで、オーストラリアのブリスベンに留学しています。 留学する前、私たちは「実際に留学で得られる変化や…

グリフィス大学コース 50期生 立教大学経営学部国際経営学科3年(プログラム参加時)。IBP留学前には、アメリカのシアトルやカナダのトロントで各1ヶ月間の語学・インターンシップ留学を経験した。3学期中から学部授業と並行し…

サンフランシスコオフィスマネジャーの宇野沢文枝です。IBP ビジネス留学プログラムのサンフランシスコオフィスがあるのは、市内にあるコワーキングオフィス、Digital Garage。日々イノベーションが盛んに起こっている…

1月も既に20日を過ぎ時期的にはどうかと思いますが明けましておめでとうございます!ブリスベンオフィスの清水です。 先週末は温度に湿度が加わり大変蒸し暑い週末となりましたが日本と正反対の季節を楽しめるのもオーストラリアの特…

留学の醍醐味の一つは、英語力の向上だけではありません。現地でさまざまな人とつながり、将来に役立つ人脈を開拓するのも、留学でできることの一つ。でも、留学生という立場でネットワーキングをするのは難しい、と感じている人も多いの…

日本のコメディアンでも、アメリカ人を笑わせるのは難しいと聞きます。なぜなら、日本とアメリカではコメディスタイルが異なるから。万人受けするネタが多い日本のお笑いと違って、アメリカの笑いは政治や時事を皮肉ることも多く、笑いを…