高校留学に必要な英語力はどのくらい?結構お高いんでしょう?

  「英語が出来ないのに大丈夫ですか?」

高校9

高校留学についての数あるご質問の中でも、「もっとも聞かれる質問ランキング1位」(ラジオ大阪国際交流委員会調べ)は英語について。

学生さん本人からは

「高校留学したいけれども、英語ができないんです。」

「英語ってどのくらいのレベルが必要ですか?」

保護者の方からは

「英語ができないのに留学したいと言い出したんです」

「英語がほとんどできないのにどうやって授業についていくんですか?」

「そもそも生活できるレベルでもないんです」

など。

でも安心してください。

実は・・・、

留学前から英語ができる人はごくわずか

校内

なんです。多くの方が、

「学校では英語が得意とは言われているんですが、英検は受けたことがないんです」

「英語得意だったっけ?(笑)」

「得意科目は美術、かな?」

という段階から、留学に出発します。

「どうやって生活するのですか?」

英語ができないのに、生活や学校の授業はどうするのでしょうか。

これが一番不安で心配ですよね。

生活については、現地のアドバイザーがしっかりサポートをします。

学校やステイ先から30分圏内にアドバイザーが常駐しています。到着時のオリエンテーションから銀行口座の開設や、必要であればホームステイ先の方とのコミュニケーションの橋渡しなどお手伝いをします。

授業は、「留学生向けの英語クラス」からスタート

国によって多少の違いはありますが、「留学生向けの英語クラス」がどこの学校にもあります。

英語のクラスでは、英文法・読解やスピーキング、などの意鮎る英語の学習、というよりも高校の授業で必要なテクニックやスキルも学びます。なので、授業の中ではエッセイの書き方やスピーチの仕方なども学ぶ上に、「留学

国ごとによる英語クラスの違い

<オーストラリアの場合>

留学生が学ぶ英語が大きく分けて2 種類に分かれます。

① Intensive ESL/EAL 別名 : HSP(High School Preparation)

英語集中コース。留学した最初の半年くらいは、この集中コースにて英語を中心に学びます。時間割の多くがうぃごの授業となっていますが、一部、数学や化学などの授業もあるので、科目の遅れなどの心配がありません。

② ESL(English as a Second Language)別名 : EAL(English as an Additional Language)

留学生のための英語クラス。①の集中コースが修了後、地元の学生たちの一般授業に合流します。ただ、科目の一つとしてこのESL(またはEALと呼ばれる、英語のクラスを選択します。地元の学生の国語に当たる授業の際に、留学生はESLを選択する場合がほとんどです。

オーストラリアの高校は、英語力に自信がない学生は、初めは留学生だけのクラスからスタートすることができます。このクラスは日本人だけではないので、つたないながらも英語が共通言語として使われます。同じ立場の留学生同士なので臆することなく授業に参加することができます。

<ニュージーランドの場合>

ESOL(English for Speaker of Other languages)

留学生のための英語クラス。NZの高校の授業履修は選択制。幅広い選択科目の中から、1年間に6~7科目の授業を履修します。英語力に不安がある学生は、そのうち1~2科目をこのESOL(留学生のための英語)のクラスに当てます。
残りの科目は、学生の英語力や興味に合わせて履修をすることが可能なので、留学したての1学期目は「技術」や「家庭科」「体育」などのあまり難しいコミュニケーションが必要のない科目を中心に選択して、英語になれながら友達作りをすることも可能です(学年により、必修科目があります)。

ニュージーランドの高校は、英語力に不安な学生も留学開始から地元の学生と同じ教室で学ぶ機会が与えられます。

<カナダの場合>

ESL English as a Second Language

留学生向けの英語クラス。一年間に必須科目を含む8 科目程度の授業を履修しますが、留学生はそのうちの1~2 科目を学生の英語力に合わせて選択します。
 

ニュージーランドと同様に、ESLのクラス以外は留学の開始から地元の学生と共に学ぶことになりますが、出発時期によっては、事前のサマースクールを利用して、留学生だけの集中英語コースから始めることも可能です。

つまり

国を選ぶときに、

①初めから地元の学生と一緒は不安だな・・・

オーストラリアの高校。またはカナダの高校の場合はサマースクールから

②実践から学ぶ!

ニュージーランドやカナダの高校で初めから地元の学生と共に

も考えてみてもいいかもしれません。

英語のクラスを含めると卒業までどのくらい?

もちろん、留学先ではしっかり勉強してもらうことが前提ですが、卒業留学を希望される方は目安にしてください。(厳密には留学される国、時期、現在の学年、今までの成績なども関連してきますが)

中学卒業後の方:卒業まで2年9ヶ月~3年間!

高校1年生終了の方:卒業まで1年9ヶ月~2年間!

ほぼ9割の方が目標年数通り卒業されています。

 

菜生ちゃん

菜生ちゃん

大阪オフィスからニュージーランドに留学した菜生ちゃん。

素敵な笑顔がとっても印象的で活動的な雰囲気。

そんな菜生ちゃんですが、留学当初は、英語があまりできずにおとなしい生徒だったそうです。いろいろな英語力の学生を受け入れていて、留学生の受け入れに積極的なオツモエタイ高校の先生でさえもちょっと心配したそうです。

結局は先生たちの心配は杞憂に終わるどころか、菜生ちゃんはすっかりみんなの人気者。留学生だけでなく地元の学生も含めてみんなのリーダー的存在になったそうです。

留学前にできる英語の学習

英会話に通う?英検を受ける?やらなければならないことはいっぱいありそうだけど、何からやったらいいのだろう・・・。

まずは、これが重要!

学校の授業で習う英語をしっかり勉強しましょう。

学校の授業で習う英語は、海外生活には十分でないため軽視されがちですが、学校の授業の英語がすべての木を祖作ります。おざなりにして、応用はありません。

英会話に通うよりも、学校で習う文法・単語を「完璧です」というまでしっかり学習をすると、比較的渡航した後に楽に英語になれることができます。

ICCの英語準備講座

英会話ではなく、高校の授業で必要な「アカデミック英語」をマンツーマンのスカイプレッスンで受けることができます。興味のある方はこちらをご覧ください。

 

高校留学フェア開催

9月19日(月・祝)入退場自由・無料・海外の高校の先生が一堂に会するビッグイベントです。

ご予約・詳細はこちら

お問い合わせはお電話で。06-6577-1306

ICC高校留学は

出発前サポート・現地サポート・進路サポート・保護者サポートの全てのトータルサポートをしております。

 

2016-09-02 | Posted in 小・中・高校の留学No Comments » 

関連記事