トップ大学をはじめ、オンライン大学留学が可能です。
渡航ができなくても大学への進学をすることができます。
出願手数料無料!大学公認エージェント
オーストラリア大学留学ブログ最新情報

留学先にアデレードを選んだわけ【学生ライターゆうか】

学生ライター丸山優果さんとは?

丸山 優果 (Yuka Maruyama)

高校2年生のときの1週間のゴールドコースト語学留学をきっかけに海外大学進学を目指す、日本の高校を卒業後、2020年10月に日本人が少ない南オーストラリア州・アデレードのEynesbury Collegeのファンデーションコースに入学するが、コロナ渦で渡航できずオンライン留学。2021年7月からアデレード大学でメディアとコンピュータサイエンスのダブルディグリーを専攻。2021年12月に念願のオーストラリア渡航を果たし、現在念願の対面で受講中。

 

現在南オーストラリア州のアデレード大学に留学しているゆうかです! 私は日本生まれ日本育ちで英語学習も中学校の授業から始め、初海外は高校2年生のときで、海外とはほぼ縁がない環境で育ってきました。そんな私がなぜオーストラリア留学を選んだのか、なぜアデレードに決めたのかを今日はお話していきます!

 

1.大学留学を決めた理由

1.恩師の英語の先生との出会い

英語が大好きになったのは、中学時代の英語の先生のおかげでした。小学生のときも一応1年に2-3回ほど英語の授業がありましたが、全く興味がなくさぼったりもしていました笑 しかし、中学時代の英語の先生の授業が楽しくて英語に夢中になり、英語がでたらめでも毎日英語日記を書いたり英検を積極的に受けていました。その先生がいなかったら今の私はいないので、本当に感謝しきれません。海外経験が全くなかった私は、このあたりから海外に興味を持つようになりました。
また、高校受験のために通っていた塾の講師が高校留学を経験しており、話を聞くたびに海外に対する憧れがどんどん溢れて「高校生のときに絶対に短期留学でもいいから海外に行く!」と決めました。高校も短期留学プログラムがある国際系の学校を受験しました。

 

2.今の私の原点である初海外のオーストラリア・ゴールドコースト

短期留学プログラムがある高校に無事に入学できましたが、費用が高く申し込めなくてどうしようと悩んでいたところ、高校受験のときから通っていた塾の先生から紹介されたエージェントで費用を抑えて語学留学に行けるスケジュールを立ててもらい、高校2年生の夏休みに念願の初海外のオーストラリア・ゴールドコーストへ渡航しました。オーストラリアにした理由は、単なるに学校の短期留学プログラムの行き先がオーストラリアだったからで、ゴールドコーストはエージェントがおすすめしてくれたところでした。自分のお年玉全部出して渡航したほど、本当に海外に対しての憧れがとても大きかったです!

オーストラリアといえばコアラ!

オーストラリアに着いた途端海外に来れたことに感動して飛行機の中で涙が出てしまいました。大げさに聞こえるけれども、本当にそのぐらいに海外に憧れていました。1週間オーストラリア人夫婦の家にホームステイし、語学学校に通いました。たったの1週間でしたが、毎日がとても新鮮で楽しくて「英語“を”ではなく、英語“で”勉強がしたい。」と思うようになり、それまでは全く選択肢になかった海外大学進学を目指すようになりました。今でもホストファミリーや語学学校の先生方とは手紙やメッセージのやり取りをしていて、次のセメスターの休みはゴールドコーストへみんなに会いに行けたらと思っています。

1週間お世話になったホストファミリーと。

2.アデレードを選んだ理由

1.日本人が少ない街

ゴールドコーストのときもそうでしたが、高校3年生のときにフィリピンへ語学留学3か月間も経験し、「英語の勉強しに来ているのになんで同じ国籍同士で固まることが多いんだろう?何のためにここに来ているんだろう?」と思うようになりました。私はフィリピンにいたときはできるだけほかの国の出身者たちと話すように心がけていましたが、それでも1日に必ず日本語を話す機会はありました。それがどうしても嫌で、それなら最初から日本人がいないところに行けばいいんだと思い、日本人が少ないアデレードを選びました。

アデレードに来て2か月経ちますが、街を歩いていても日本人をめったに見かけないし私の周り(シェアハウスや大学、バイト先)では日本人が全くいないので日本語を話す機会が本当にありません。日本人が少ない街に行きたいのならアデレードは本当におすすめです。

去年オンラインでグループワークを一緒にやったインド人とスリランカ人の友達と。

2.山も海もある小さな街

私は東京育ちなので、自然に囲まれた生活に憧れていて特に海の近くで済むのが憧れでした。といっても海だけじゃなくて山も欲しい、そんな欲張りな私にぴったりなのがアデレードでした。アデレードは、CBD(シティ)からバス30分で海にも山にも行けちゃいます!そして家賃が安いからという理由ですが、今は海の近くのシェアハウスで暮らしていて徒歩10分でいつでも海に行けます。アデレードの夕焼けはとてもきれいで、フードやビールを持って友達とビーチでchillするのがアデレードでの遊び方の1つです。

ファンデーションコースのときのクラスメイト達ととビーチで夕焼けを見ながらchill!!!

また、アデレードは小さな街で「何にもないつまらない街」と言われることがありますが、自然が好きな人はとても向いているし、何よりアデレードの人たちはとても温かくて本当にアデレードが大好きです。私は今まで8か国訪れたことがありますが、アデレードがダントツでフレンドリーな街でずっとここに住みたいと思うほどです。

 

3.Group of 8の1つでコンピュータサイエンスなどの理系に強いアデレード大学

Group of 8はオーストラリアトップの8つの大学のことで、アデレード大学がその1つです。南オーストラリア州ではGroup of 8の大学はアデレード大学のみで、その上に私の専攻のコンピュータサイエンスが有名なので迷いなくアデレード大学を選びました。世界的にもレベルが高い大学で、コンピュータサイエンスの勉強についていくのは本当に大変で、冗談抜きで毎日のように泣きながら勉強していますが、世界中からこんなレベルの高い学生たちが集まった環境で勉強できているのが本当に幸せです。

最後に

いかがでしたか?アデレードを選ぶ留学生は少ないので、この記事が参考になればうれしいです。次回は、アデレードやアデレード大学について詳しく紹介する予定です、お楽しみに!!

もっと詳しくアデレード大学について知りたい方はこちらからお気軽にご連絡くださいアデレード大学に関するページはこちら