留学後、話題のスタートアップ企業で活躍。両者に共通することとは?

『ベジオベジコ』というスタートアップ企業をご存じでしょうか。2013年にスムージー用青果の宅配サービスとして始まり、現在はモデルや芸能人など、有名人の間でも人気となって話題を集めています。

Vegeo Vegeco (2)

ベジオベジコ
http://www.vegeovegeco.com/

従業員数はわずか6名で、社長も含めて全員まだ20代。ほぼ全員が宮崎県出身で、“食の流通革命” を目標に、「農家さんをもっとハッピーにしたい」という思いで活動しています。そんな『ベジオベジコ』の社員の一人である、IBP プログラム卒業生の小山将平さんにお話を伺いました!

Vegeo Vegeco (1)

小山将平(写真右から2番目)
2013年、大学在学中にIBP プログラムのベルビューカレッジコースに参加。現地ではスケッチブック片手に同年代の学生の夢を聞いて回ったり、アーティストを支援する NPO 団体でインターンを経験したりする。帰国後は IT 系企業に就職し、SE として働く傍ら、シェアハウスの運営や若者のキャリア支援、ウェブ関連の委託業務を個人で行う。2016年1月より『ベジオベジコ』で東京支部マネージャーとして活躍。

Q. ベジオベジコに関わったきっかけは?

もともと IT 系企業に勤めながら『ベジオベジコ』のウェブサイトの手伝いなどをしていて、今年の1月から本格的に転職しました。本社は宮崎にあるのですが、私は現在東京を拠点にリモートで仕事をしつつ、東京展開の準備を進めています。

Q. 東京での具体的な業務は?

宮崎県から東京のレストランなどへの卸をしたりしているので、宮崎から社員が来た際に一緒にレストランなどを回り、責任者のバックアップを務めています。また、東京への本格的な展開の話が進んでいるので、そのための準備を進めたり、現在いる社員の育成に注力しています。業務によっては海外の企業や顧客と英語でやりとりをする機会も多々あり、その都度私が対応しています。

Q. IBP プログラムの経験の中で今の仕事に役立っていると思うところはありますか?

やはり IBP プログラム最大の特長であるインターンシップや、一人で受けた学部授業での経験など、基本的に一人で考え行動しなければ何も得られなかった環境での経験が、今の仕事に役立っていると強く感じます。

インターンシップではアート関連のイベントを主催する NPO 法人に単身乗り込みましたが、そもそもインターンのための決まった仕事など存在せず、毎日のように上司や代表に質問、提案せざるを得ない状況でした。また、一人で受けた学部授業では、現地の学生の中に混じって英語でディスカッションや発言をして大変でしたが、それでも分からないことはそのままにしておけなかったので、授業後に必ずと言っていいほど先生にさまざまな質問をし、話を伺っていました。

以上の経験と今の仕事で共通しているのは、”なんの根拠もない中で自信を持って発言・行動できるか” だと思います。こればっかりは、ひたすら経験を積む以外には、身につける手段がありません。だからこそ IBP プログラムで得られた、何の根拠もない中で発言、行動しなければ何も得られない環境での経験は、私にとってかけがえのないものであり、今の仕事にも大いに役立っていると感じます。(留学中に英語での発言に慣れて、帰国後、日本語での発言、行動をその何倍も簡単に感じたのも事実です。笑)

Vegeo Vegeco (1)

Q. 今後の抱負は?

たくさんあります。28歳までに TED Talks に登壇したいですし、30歳までに投資家になりたいです。コーヒー屋さんのオーナーもしたいですし、シアトルかポートランドに拠点を持って東京、宮崎と行き来もしたいです。あと本も出したいですね。こうして発した夢や抱負は、経験上全て何かしらの形で実現しているので、今後も楽しみです。

Q. 留学を考えている人にメッセージ

留学に “行ったほうがいいかどうか” ではなく、“行きたいか行きたくないか” について、徹底的に考え抜くことをオススメします。行きたいのであれば、なぜ行きたいのか。なぜ今なのか。それはなぜなのか。そうして論理的に考え抜いた先にある、自分自身が腑に落ちる直感的な答えを見つけることをまずは強くオススメします。その結果として留学を決めた人と、そうでない人では、留学中から明らかなまでの意識の差が生まれます。意識の差は行動の差になり、そしてそれは経験の差、人生の差に繋がります。実は留学前が留学にとっては一番の頑張り時だったりします。頑張ってください!

キャリア英語

休学留学インタビューの最終回は、ワシントン大学へ留学を果たした秋葉俊之介さんです。留学経験をアピールし、就職活動を楽に終えることができたと話してくださった秋葉さん。 まず、留学を決めたきっかけはなんだったのでしょうか? …

休学留学インタビューの6回目は、IBP留学プログラムを利用して現在アメリカに留学中の増渕さんに登場して頂きます。 増渕さんにとって、IBPプログラムの魅力はなんでしたか? 僕はもともとアメリカの大学を卒業するつもりでした…

Courtesy of Huntsman IBP留学の研修先の一つであるイギリス・ロンドンのウェストミンスター大学にて、現地で活躍する日本人・佐藤丈春さんの講演がありました。 大手アパレル企業、ファッション誌の出版社で働…

休学留学インタビューの4回目は留学先でエンジニアになるという夢を確信したなつこさん(仮名)にインタビューしました。 なつこさんがIBP留学を選んだ理由はなんですか? 元々将来は英語を使って働きたいと思っていました。「英語…

こんにちは。Global Visionブリスベン支局の阿波田、金、山本です。私たちは今IBPビジネス留学プログラムで、オーストラリアのブリスベンにあるグリフィス大学に留学しています。 今回は第2回目の連載として、『インタ…

「一年間の留学経験を一言で表すと?」 ICC国際交流委員会では、現地の企業でインターンが経験できるIBP留学という留学プログラムを運営しています。 これまでIBP留学に参加した修了生はなんと4300人以上! 先日、ICC…

留学の目的が「帰国後の就活・転職活動に役立てるため」という方も少なくないのではないでしょうか。 IBP ビジネス留学プログラムでは、留学前、留学中、留学後と一貫したキャリアサポートを行っています。IBPプログラムを正式に…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の阿波田瞳、金瑠香、山本優衣です。私たちは現在IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースに参加しています。 留学を考えている人の中には、英語力の向上はもちろん、…

休学留学インタビューの5回目は木村仁さんへのインタビューです。 ホストファーザーが理想の大人像だと語ってくれた木村さん。留学を通して素敵な方々との出会いを経験されたそうです。 木村さんの留学先であるベルビューカレッジでは…

1年間休学して留学を果たした大学生をインタビュー ICC国際交流委員会で実施している「IBPグローバル留プログラム」を経験した学生に、留学経験についてインタビューを実施しました。 インタビュアーは、同じくIBP留学を経験…