ワシントン大学コース IBP生の1日(社会人)Vol.1

profilename

 

ワシントン大学コース 50期生 日本で半導体系商社に勤めた後、社会人留学。IBP 留学前には3ヶ月間フィリピンで語学留学を経験。渡米後、ベンチャーに強い興味を持ち、日本とシアトルのスタートアップコミュニティを結ぶ団体『Arch for Startup』を立ち上げた。

事前プログラム中の平均的な一日

07:00
起床
08:00 ー 09:00
通学
09:00 ー 15:00
授業(60分×5コマ)
18:00 ー 20:00
ビジネスイベントに参加
21:00
帰宅
21:30 ー 23:30
宿題
00:00
就寝

05

少人数制のクラスで、クラスメイトの半分以上はサウジアラビア人でした。彼らがとても積極的だったので、負けないように自分も一生懸命発言していました。授業の後は宿題をこなしつつ、興味のあるビジネスイベントを自分で見つけて、週に1回の割合で積極的に参加していました。

1学期の平均的な一日

07:30
起床
08:30 ー 09:30
通学
09:30 ー 10:20
集中英語クラス
10:30 ー 12:00
パブリックスピーキング実践トレーニング
13:00 ー 15:30
集中英語クラス
18:00 ー 20:00
ビジネスミーティングに参加
21:00
帰宅
21:30 ー 23:30
ベンチャービジネス独学、シアトルのスタートアップコミュニティ調査
00:00
就寝

06

一番良かったのはパブリック・スピーキングのクラスです。毎回スピーチして評価してもらう授業スタイルがいい練習になりました。今後働く時にも必ず役立つと思います。この頃ベンチャービジネスやスタートアップコミュニティについて本格的に調べ始め、団体立ち上げの基礎を固めました。門限は特にありませんでしたが、家族が帰宅する時間に合わせて自分も毎日帰宅していました。

2学期の平均的な一日

07:30
起床
08:30 ー 09:30
通学
09:30 ー 15:30
集中ビジネス英語
16:00 ー 17:30
シアトルベンチャービジネス講座
18:00 ー 22:00
ビジネスミーティングに参加 /『Arch for Startup』のミーティング
23:00
帰宅
01:00
就寝

04

集中ビジネス英語コースでは Entrepreneurship(起業)を選択しました。そしてベンチャーに興味を持っていた同期と『Arch for Startup』を立ち上げ、学期の後半から本格的に活動を開始。シアトルベンチャービジネス講座の講師やアシスタントにも相談に乗ってもらいました。ビジネス・イベントにも週に1度のペースで参加し続けました。

バスの中
ベンチャーやスタートアップに関するプレゼンテーションを観て、英語力を鍛えながらベンチャーに関する知識も同時に増やしています。ベンチャービジネス関連や経済、歴史に関する本も読んでいます。

20代のうちに海外へ

01

仕事で日本の大企業のお客さんを相手にする中で、ベンチャーやスタートアップ企業の必要性を日本にも感じていました。ただ、日本にいる時はぼんやりと考えていただけで、真剣に考え始めたのはシアトルに来てからです。20代のうちにどうしても海外で働きたいという目標を持ち、人生を変えるつもりで IBP 留学に参加しました。渡米して客観的に日本を見られるようになり、何が問題で何をしなければいけないかに気づいたこと、変化に強くなったことは大きいと感じています。学生時代に全く勉強せず、社会に出てから苦労を感じて勉強するようになったので、シアトルでももっと学びたいです。

社会人×英語力

02

IBP 留学に参加する前にフィリピンに3ヶ月間語学留学をしましたが、アメリカに来た当初は英語のアクセントやスピードの違いに愕然としました。今は、自分の言いたいことは準備するので伝えられますが、相手の言っていることを理解するのはまだまだ難しいです。ネイティブと話す機会をできるだけ多く作るようにして工夫しています。

プログラムの枠を超えた活動

03

渡米当初は日本人を避けていた時期もありましたが、他の同期生にも情報を提供するようになり、ベンチャーに同じく興味を持っていた同期生と『Arch for Startup』立ち上げに至りました。現在は日本人以外のサポートメンバーも加わり、徐々に規模が拡大しています。学生団体で終わらせるのではなく、活動が続く仕組みを整え、将来的には団体がなくてもシアトルと日本の交流が活性化するようにしたいと願っています。

Arch for Startup

日本とシアトルにおける相互の経済発展や、世界での日本のプレゼンス向上に貢献するというビジョンのもと、日本とシアトルのスタートアップ・コミュニティを結ぶ初のプラットフォーム構築をミッションに掲げて設立。シアトルのスタートアップやベンチャービジネスに関する最新情報を日本に向けて発信する他、スタートアップの設立者や投資家、アクセラレーターなど関係者へインタビュー。また、ビジネスイベントへの参加を通してシアトルでのコネクションを強化し、日本のスタートアップのシアトル進出を情報とネットワーキングの面で支援している。今後、その他の活動についても行っていく予定。

http://www.archforstartup.com/

Comments from IBP

IBP プログラムを基本として、そこから自分の活動範囲をどのように広げるかは自分次第。1年という限られた時間を最大限に有効活用するためにも、英語力が伸びるのを待って行動するのではなく、ぜひ行動しながら英語力を磨くようにしてください。留学先でしかできないことに精力を注ぐことが、英語力を伸ばすための一番の近道です。

留学生活

グリフィス大学コース 50期生 立教大学経営学部国際経営学科3年(プログラム参加時)。IBP留学前には、アメリカのシアトルやカナダのトロントで各1ヶ月間の語学・インターンシップ留学を経験した。3学期中から学部授業と並行し…

こんにちは、今日の記事は、Global Visionブリスベン支局の名取あかね、松岡華乃が担当させていただきます!   IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの生活の様子について 学内 日用品スーパー 街の様子…

日本でアクティブに活動していたりすると、「留学先でもサークルやクラブを立ち上げてみたい」と思うことがあるのではないでしょうか?しかし、慣れない環境でどうやってクラブを立ち上げ、活動を広げていけば良いかわからない、という人…

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。 前回の記事(ベルビューカレ…

現在ロンドンに留学中の外山聖(そとやま しょう)さんは、9月に留学をしたばかり。 そんな彼は今ロンドンのサッカーチームに夢中です。ビジネス留学であるIBPに参加しながら、スポーツにもチャレンジしている外山さんに、今の生活…

日本のコメディアンでも、アメリカ人を笑わせるのは難しいと聞きます。なぜなら、日本とアメリカではコメディスタイルが異なるから。万人受けするネタが多い日本のお笑いと違って、アメリカの笑いは政治や時事を皮肉ることも多く、笑いを…

こんにちは。Global Visionブリスベン支局の松岡華乃と名取あかねです。 今回は私たちが参加しているIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの語学研修プログラム期間での授業以外の時間の過ごし方についてご紹…

筆者はIBPビジネス留学を実際に体験した奥岡権人くん。彼の体験レポートを参考に、IBPのイメージを膨らませよう! こんにちは、IBPの卒業生の奥岡権人@ketokunsanです。 最近は、衰えた英語力を取り戻したいのに、…

シアトルには比較的多くの日本人がいます。その中の社会人の方の働き方は、起業する人やシアトルに本社を持つ大企業に勤める人など様々でしょう。そこで筆者は、シアトルで活躍する日本人ビジネスパーソンに対して取材を行い、そこから何…

シアトル留学中の小堺久実さんにインタビュー 今回は、アメリカシアトルで少林寺拳法道場に通い活躍された小堺久実さんにお話を聞きました。 シアトルで自分の特技を活かした居場所を築くまでの道のりは、簡単なものではなかったようで…