半年間で40人が集まるクラブに成長!シアトルのLanguage Exchange「語ろう会」

英語と日本語のLanguage Exchange「語ろう会」のスタッフにインタビュー

ベルビューカレッジの写真

今回は、留学プログラムIBPのベルビューカレッジ52期生が中心となって活動している公認クラブ「語ろう会」の皆さんにインタビュー。
ベルビューカレッジで開催される太鼓のコンサートを、Asian Pacific Islander Student Associationと共同で運営されると聞き、「語ろう会」の活動から今回の太鼓のコンサート運営に関わるまでを伺いました。

「語ろう会」が発足したきっかけは?

もともと、IBP51期生が立ち上げた「えんじん」というクラブと、正規生の学生が立ち上げていたJapanese-English Language Exchange Tableの2つが存在していたところ、どちらも引継ぐ話が出たので、一つのクラブにしようという事で新たに「語ろう会」として発足する事になりました。

実際に「語ろう会」として活動を始めたのは、昨年の秋学期からです。

具体的な活動内容は?

基本的には語学のExchangeをするクラブです。前の部長が残してくれた会話シートをベースに、毎週トピックをいくつか決めて、1~3は英語、4~6は 日本語でなどというように順番に言語を変えて会話を練習するのが前半。
後半は、文化交流を目的としたゲームやアクティビティなどを行っています。

また日本語がまだ初級レベルの方用に、Bigginer’s Tableを設けていますので、そのテーブルは、数字の数え方や単語の練習など基礎的なものを勉強できるように工夫して運営しています。

活動の中で苦労はありますか?

日本語レベルに差があり、初級レベルの参加者がなかなか会話に入っていけないというような事がしばしば起こり、それを解決する事が課題でした。
そのために上記のBigginner’s Tableを設ける事にし、Beginner’s Table専門の担当者を置いて、全く別で運営するように工夫しました。

設立当初は、日本人以外の現地学生や他国留学生が1人~2人しか参加してくれない会もあり、英語を学びたい日本人の事しか意識出来ていないのではという気付きがありました。
そこから、現地学生や他国留学生で日本語を勉強したい人のために役立つものにするためには?という発想の転換をし、運営方法や会のやり方を改善しました。

IBP52期の仲間達にも大変助けられ、クラブ創設から数ヶ月たった今では、毎回日本人と現地学生や他国留学生を合わせて40名程度のが 参加してくれる会へと成長しました。

次期は、アメリカ人学生に部長を任せることを決め、クラブの運営にも積極的に現地学生側からも参加してもらおうと考え ています。

また、ベルビューカレッジの日本語クラスの先生がSupervisorとして協力してくださり、参加者集めに協力してくださっているのは非常に助かっています。

ただ、日本語ネイティブだからと言って、正しい日本語を教えられるわけではないという現実にも直面し、「語ろう会」で間違った日 本語を参加者に教えてはいけないというプレッシャーもあり、指導要綱から外れないように注意しながら、会話シートを作成するなどの苦労があるのも事実です。

クラブでのやりがいは?

ーYuki Yamamoto
Beginner’s table では基本的にメンバーが変わらないので、回を増すごとに来てくれる子たちとの仲が深まっていくことが大きな魅力です。
また、最初は当てると恥ずかしがっていたアメリカ人学生の子が、徐々に馴染んできて、今ではお手本を担ってくれるようになった姿を見ると、成長していると感じ、嬉しく思います。

-Koki Morigami
リピートして来てくれる学生が増えたことで、人種、宗教、国籍の垣根を越えて、形式ではない友人関係を作るというアメリカの1つの目標を達成できたやりがいを感じてます。

-Kei Nakazawa
留学当初は「自分が英語を学びたい」という自分だけの目標しかなかったところから、自分が人に役立つ事が出来るという気付きを得て、実際に「Give & Take」が出来ているという喜びを得られるようになった事にやりがいを感じています。

今後の目標

クラブの形としてまとまってきた今、この状態が継続する事に意識が向き始めています。
参加者のバランス(日本語Nativeと英語Native)などがうまくこのままの状態が保てるように、環境や仕組みを整えてから帰国したいと思います。

また、日本人にもアメリカ人にも役立つクラブであるというポリシーを定着させ、部長以外にも積極的に参加して運営を手伝ってくれる人員を確保し今後の活動の継続につなげていきたいと思います。

Beginner’s Tableもクラブの重要な要素の一つですので、引継いで運営してくれる人を探すこと、またBeginner’s Tableは他のクラブメンバーから孤立しがちなので、いかにクラブメンバーと一緒に交流し関わりを増やしていくかが今後の目標です。

太鼓のコンサート運営に関わった経緯

日本から「WARIKI」という太鼓、笛、三味線のグループが渡米されるという事で、クラブのSupervisorをして下さっている日本語の先生が中心になってコンサートの開催の話が進んでいたところ、「語ろう会」に運営のサポートの依頼があり、関わらせていただく事になりました。
通訳手配や販売用の饅頭の購入、開催のための資金をStudent Officeからもらうためにプレゼンをしたりという部分でお手伝いさせていただきました。

インタビューを終えて

わずか半年足らずの期間で、様々な工夫を重ね毎回40人が参加する大きな会にまで発展させたIBP生達の活躍ぶりは、目を見張るものがあります。もうすぐ帰国となる皆さんですが、この活動での経験を活かして、帰国後もますます活躍して欲しいですね!

 

 

「語ろう会」のメンバーが利用している留学プログラムはこちら▼

学生・社会人の海外インターン留学 IBPプログラム

 

留学生活

シアトル留学中の小堺久実さんにインタビュー 今回は、アメリカシアトルで少林寺拳法道場に通い活躍された小堺久実さんにお話を聞きました。 シアトルで自分の特技を活かした居場所を築くまでの道のりは、簡単なものではなかったようで…

日本のコメディアンでも、アメリカ人を笑わせるのは難しいと聞きます。なぜなら、日本とアメリカではコメディスタイルが異なるから。万人受けするネタが多い日本のお笑いと違って、アメリカの笑いは政治や時事を皮肉ることも多く、笑いを…

ベルビューカレッジコース 49期生 千葉大学法経学部法学科3年(プログラム参加時)。IBP 留学前にはイギリスのオックスフォードで4週間語学留学を経験。大の野球好きで、シアトル・マリナーズが拠点にするセーフコ・フィールド…

IBP ビジネス留学プログラムでは、留学中に現地で働くプロフェッショナルから話を聞き、交流する機会を積極的に設けています。その取り組みの一つが、『Meet The Professional』。 今回はシアトルにある大手 …

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の水本葉子と荒川琴音です。IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースに参加している私たちのブリスベンでの生活の様子を紹介します。   IBPビジネス留…

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。 前回の記事(ベルビューカレ…

  ワシントン大学コース 50期生 慶應義塾大学商学部商学科既卒(プログラム参加時)。小学3~6年の3年間を香港で過ごした経験を持つ。留学中はスタートアップでのボランティアを通して起業家と密接に関わり、デジタル…

留学中はアルバイトは出来るの? そんな質問をよく聞かれます。 アルバイトができる国は限られていますが、例えばイギリスやオーストラリアでは可能です。 (もっとイギリス留学について知りたい方はこちら)ロンドンでビジネス留学中…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の中村莉那と廣田誠治です。私たちは今 IBP ビジネス留学プログラムで、オーストラリアのブリスベンに留学しています。 留学する前、私たちは「実際に留学で得られる変化や…

皆さん、こんにちは!ブリスベンオフィスの清水です。 先週末は日中の気温が40度を超え50年ぶりにホットな11月だったブリスベンです。 ただ真夏でも日本のような熱帯夜は少ないブリスベンですのでIBPプログラム参加をご検討の…