ICCの留学先選定の基準

ICCが高校留学で送り出しをしているのはオーストラリア・カナダ・ニュージーランドの3カ国。
150校以上の高校に送り出しをしています。

大切にしていること

各教育省、教育委員会、高校との提携をもとに高校をご紹介していますが、提携先を選定する際には、いくつか基準を設けています。

1.留学生が安心して教育が受けられる制度が整っているかどうか

ICCが最も大切にしている点です。
現地で評判の高い高校でも、留学生の受け入れに慣れていない学校もあります。
また、滞在先手配を軽視する高校もあります。
ICCでは、確かな実績に基づくノウハウで、学校を見極めています。

2.現地スタッフが最新情報をアップデート

送り出し先の3か国(カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)には、ICCの自社オフィスがあります。
日本人スタッフが、現地高校の状況を常にキャッチするようにしています。

また、彼らは留学中の学生の心強いアドバイザーにもなります。

3.定期的にスタッフが訪問

日本のスタッフも、定期的に現地を訪問しています。
高校だけでなく、各教育省、教育委員会とも良い関係を保っています。

ICCが選定した3か国

ICCが自信をもってご紹介できる国が、この3か国です。