バカロレアを取得したい

国際バカロレアとは

バカロレアとは、特定の国のカリキュラムに偏らず、世界共通の大学入学資格および成績証明を与えるプログラムとして開発されました。「全人教育」をモットーにしていて、学習を通じて人間教育をすることに力を入れています。
大学入学に必要となるのはIBの中でもDiploma(ディプロマ)と呼ばれる資格で、6つの分野からなる科目選択に加え、数千字にもおよぶ論文や課外活動なども評価の対象となります。

海外の高校と日本の高校。バカロレアに違いが?

近年は日本語DP(ディプロマ)と呼ばれるカリキュラムが認定され、上述の6つの分野のうち、外国語(英語)ともう1教科を英語で学び、それ以外の4科目+論文等は日本語で学習してバカロレアを修了することができるようになりました。
一方、海外の高校でバカロレアを学ぶ場合、当然ながら英語で各科目を学ぶため、試験はもちろん、提出する論文も英語で書くこととなります。海外の高校でバカロレアを学ぶ場合、根本的なカリキュラムは同じでも、求められる英語力には確実に違いが出てきます。
そのため、海外の大学進学をする場合、英語をベースとしたバカロレアで結果が出ている学生さんはその成績だけで、大学への合否が決定しますが、日本語でバカロレアを学んだ場合は大学によっては別途、英語資格試験結果(IELTSやTOEFLなど)の提出を求められる場合もあります。当然ながら入学後に海外の大学で提出するエッセイやリサーチなどに英語で慣れ親しんでいる方が、よりスムーズに学力をつけることができるでしょう。

公立高校でも学べる海外のバカロレア

国際バカロレアのカリキュラムを提供している海外の高校は、私立、公立いずれも有ります。学生全員がバカロレアを履修する高校もあれば、希望者だけがバカロレアを履修する高校もあります。
国際バカロレアの学習では「全人教育」を求めるためバランスの良い科目履修が求められます。結果、自分が得意とする分野をより伸ばして学習することができないなどのデメリットにもつながり兼ねません。国際バカロレアについて正しい知識を身につけ、学生さんにとって本当にその資格が必要か?他の学習、カリキュラムで学んだ場合の進路がどのようになるかなど、しっかり理解してから留学先を選ぶ事が重要です。

カリキュラムの違いについて相談する 国ごとのカリキュラムの特長とは
説明会 随時開催中!
各種お問い合わせ
閉じる
TEL:0120-033-470
無料相談オンライン予約 無料説明会オンライン予約 資料請求オンライン・メール相談