海外の大学に進学したい

海外の大学に進学するなら高校から留学すべき?

大学進学を見据えて、高校からの留学を検討する方も多くいらっしゃいます。確かに高校から留学し英語力を高めておいた方が、希望する大学への入学は近道になる場合も。ただし、日本の高校を卒業してから海外大学へ進学する学生さんが多く居ることも事実です。では、なぜ高校から留学しておいた方がよいのでしょうか?

海外大学進学に必要なのは英語力だけではない

高校から留学をする場合、卒業までに最低でも2年以上が必要となります。その間に英語力アップも出来るため、大学進学は海外で。と考えている方には英語準備として最適と思われるかもしれません。
海外の大学では(高校留学時と同様)授業の中で意見を言い合ったり、自分で調べた内容を発表することが多く、日本人の学生はどんなに英語スコアが高くてもこうした学習方法に慣れるのに時間がかかると言われています。
高校留学から勉強のスタイルに慣れていることは有利になるでしょう。

他にもある!高校留学→大学留学のメリット

大学留学の場合、専門的な分野を学んで行くこととなるため、自分がどのような専攻を希望するかをしっかりと考えて大学を決める必要があります。その点で高校留学をした学生は選択科目などを通じ自分の興味や強みを把握した上で大学進学を海外大学にするか、日本の大学にするかを考えています。また、大学での進学先と同じ国・エリアで高校留学をする場合、その土地に慣れ親しんだり、既に高校時からの友人が多く同じ大学に進学するなど環境への適応もスムーズ。単純に英語力がつくからだけではなくそれ以外の面でもメリットが多いと言えるでしょう。

高校留学の経験を活かすためにも、高校選びは慎重に

高校留学先の中には、大学への進学に力を入れ実際に大学が高校内で説明会を開催したりする高校も。目標を持ち大学まで海外で進学したいと考えるのであれば、高校留学先を決めるときにまずは、どんな高校で卒業を目指していくのかをしっかりと考える必要があります。大学で学びたい専攻が決まっているのであれば、類似した科目が学べる高校を選ぶのもお勧め。自分に向いているかどうかを早い段階で見極めることも可能です。

まずは高校留学のプロに相談
説明会 随時開催中!
各種お問い合わせ
閉じる
TEL:0120-033-470
無料相談オンライン予約 無料説明会オンライン予約 資料請求オンライン・メール相談