高校生の保護者の方

すでに日本で高校生になっている場合、1年留学にするか、卒業留学にするか。それぞれの場合、その後の進路をどのように考えるかがとても重要です。当初は1年留学と考えていても、留学生活がスムーズに進み、本人が希望すれば卒業留学に切り替えることも可能。ただし、海外の高校を卒業する場合には、現地の卒業資格を取得することとなるため、留学期間が最低でも2年程度必要になる場合も。現時点での学年などを考慮し、高校留学をすべきか、大学からの留学を検討すべきかなど、留学の目的に沿って検討していく必要があります。
また海外の高校は日本の高校と比べると、履修できる選択科目も種類が豊富なため、学生さんに合った進路を見つけるにも効果的です。
1年留学の場合、復学した際に留学先での単位を認めて、進級させてくれるのかどうか。留学に向けての条件は何かなど、学校により定めている規定が異なります。学生さん本人はもちろんですが、こうした条件については、保護者の方も一緒に、高校の先生に確認するなど情報整理をしておくと良いでしょう
個別の留学相談では、高校生になってから考える「高校留学」のポイントや、注意点などについてもご説明しております。お気軽にご相談ください。

留学コンサルタントに相談
説明会 随時開催中!
各種お問い合わせ
閉じる
TEL:0120-033-470
無料相談オンライン予約 無料説明会オンライン予約 資料請求オンライン・メール相談