デュアルディグリーと編入制度

マレーシアの大学では他国の大学の学位をマレーシアで同時に取得できる「デュアルディグリー制度」や、学部履修の後半で国外の大学に編入できる「ツイニング制度」などが充実しています。ここまで充実しているのは、国際化を目指して国外の大学と積極的に提携してきたマレーシアの大学ならではと言えます。

デュアルディグリー

国外の提携大学と共同作成したカリキュラムを履修すると、マレーシア国内での学位と同時に提携大学の学位も取得できるシステム。

  • サンウェイ大学 + (英)ランカスター大学専攻:ビジネス/コミュニケーション/IT/心理学 など
  • INTIインターナショナル大学 + (英)コベントリー大学専攻:IT系

ダブルディグリーとデュアルディグリーの違いって?

国によって大学の履修制度が異なるため様々な定義づけが行われていますが、一般的に、「ダブルディグリー」とは1つの大学で一定期間内に2分野の学位を取得できる制度を指します。対して「デュアルディグリー」とは、1つの大学で学位を取得すると同時に、提携する他大学の学位も取得できる制度を指しています。

マレーシア国外の大学への編入制度

<1>ツイニング・プログラム

学士課程の前半はマレーシアの大学で学び、後半はマレーシア国外の提携大学に編入するプログラムです。編入先となる提携校は、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドの大学が中心です。 カリキュラム説明でよく使われる「2+1」や「1+2」という表記は、ツイニング・プログラムの履修内容を表しています。「3+0」は、マレーシアで3年間履修して国外の大学の学位を取得するコースです。

  • HELP大学 ビジネス&IT専攻 入学HELP大学2年+(豪)クイーンズランド大学1年 = クイーンズランド大学卒業
  • サンウェイ大学 ビジネス専攻サンウェイ大学で3年間 = (豪)ビクトリア大学の学位を取得

<3>国外大学のマレーシア分校で学ぶ

日本から、オーストラリアやイギリスの大学の「マレーシア分校」へ留学することも可能です。分校へ入学した場合、マレーシアで学びながらマレーシア国外の本校に在籍することになります。授業料はマレーシアの大学より高めですが、国外の本校に比べれば割安です。さらにマレーシアでは生活費を押さえられるメリットもあります。

無料相談
資料請求
メールで相談
セミナーに参加
よくある質問
03-6434-1315
月〜金 10:00-18:30
ICC国際交流委員会 東京オフィス
電話で相談

FOLLOW US ON