マレーシア大学留学とは

マレーシアの教育制度
留学費用
デュアルディグリーと編入制度
入学基準
学べる専攻
滞在先と生活

マレーシア大学留学の5つのミリョク

<1>年間学費60万円から受けられる高水準な大学教育

マレーシアの学費は国立大学の場合、年間30万円、私立の場合でも年間60万円からととてもリーズナブル。物価も日本の1/2から1/3なので、生活費は約4万円からと非常に安価です。また、世界大学ランキング上位に位置づけられる大学が数多くあり、教育水準が高いことでも知られています。欧米圏への留学に比べて費用は割安ながら、質の高い教育が受けられると注目を集めています。

<2>英語以外の第2外国語も学べる

多民族国家のマレーシアでは、ビジネスや教育は共通言語である英語となります。私立大学の授業は100%英語。英語の習得はもちろん、第2外国語としてマレー語や中国語を学ぶチャンスもあります。多文化の中で養われるコミュニケーションスキルはこれからのグローバル化社会で活躍する上で大きな武器になるはずです。

<3>2ヶ国留学やインターンシップも

マレーシアの大学にはユニークな編入制度があります。入学後、他の英語圏の大学に編入したり、マレーシアにいながら他国の大学の学位を取得したりすることも可能。また、マレーシアの大学は企業との提携が多くインターンシップやワークショップが充実していて、在学中から様々な経験を積むことができます。

<4>多民族・多宗教

マレーシアはマレー系が多数派を占める多民族国家です。内訳はブミプトラ(マレー系とその他の先住民)が67%、中国系が25%、インド系が7%です。宗教もイスラム教、仏教、キリスト教、ヒンドゥー教と様々な宗教を信仰する人々が生活しています。また、マレーシアは「留学大国」と呼ばれ世界中から留学生を受け入れています。

<5>新興国で治安も安心

今、世界中から注目を集めるASEAN加盟国の中でも特に変化が著しいのがマレーシアの首都・クアラルンプール。2020年先進国入りを目指しグローバル化が加速しています。また、親日家が多く、政情が極めて落ち着いているため、安心して勉強に集中できる環境が整っています。

無料相談
資料請求
メールで相談
セミナーに参加
よくある質問
03-6434-1315
月〜金 10:00-18:30
ICCコンサルタンツ 東京オフィス
電話で相談

FOLLOW US ON