国際バカロレア(IB)で学ぶ

こんにちは、留学カウンセラーの伊佐治です。
みなさんは、国際バカロレア(IB)について聞いたことはありますか?これは様々な国の大学入試制度に対応し、1つの国の制度や内容に偏らない世界共通の大学入学資格及び、成績証明書を与えるプログラムとして開発された教育プログラムです。

国際バカロレア(IB)って?

国際バカロレア(IB)はインターナショナルバカロレア機構(IBO)により提供される国際的な教育プログラムです。3歳~19歳までの総合的な教育プログラムを開発・提供されており、IBOに登録された認定校で、指定の教育課程を履修し認定書(Diploma)を取得すれば、なんと世界140ヶ国以上、20,000校以上の大学で入学資格や受験資格として認められるんです!日本の大学においてもIBスコアを活用した入試は早稲田大学、上智大学、大阪大学などで行われ、近年増え続けています。入試改革として、推薦入試・AO入試・IB入試等の拡大が掲げられており、2021年までに定員の30%をIB入試とするという目標が定められたという話しもあるほどです。

どこでIB教育は受けられるの?

世界では4,846校、日本国内でも初等部から高等部、そしてインターナショナルスクールを含む45校がこのIBを提供する学校として認定されています。IBが目指す教育は、知識はもちろん、思考力や表現力を備えた人材を育成することです。日本の様に先生が教える授業だけではなく、生徒同士で討論をする授業もあります。試験は全て、論文形式、カリキュラムには卒業論文や小論文、課外活動なども含まれています。そして、授業は全て英語、フランス語またはスペイン語のいずれかで実施されます。
そう、IBの授業には、グローバルに活躍する力を身につけることができる要素がたくさん含まれているのです。またグローバル人材として、異文化に対する理解力と寛容性を持ち、自覚と責任ある人格形成を養い、思考力、表現力に重点を置いた高い知的水準の達成を目標にあげています。もちろん日本でそんな教育が受けられたら素晴らしいと思いますが、政府が掲げた「国際バカロレア認定校等を2018年までに200校とする」という所には、まだまだ手が届いていないようです。残念。

ただ、ICCでご紹介している高校留学では、このIBを取り入れている高校をいくつかご紹介することが可能です。国内で難しなら海外へ!IBは英語で授業するなら、そもそも英語が日常の国でその他の教科も学べる海外留学で合理的に勉強してしまおう、ということですね。ぜひ、ご興味のある方は高校留学について聞きにきてくださいね!

返済不要の奨学金制度あります

ICCでは2019年の高校留学において奨学金を設けています。これはニュージーランド・オーストラリアへの高校留学1年間を対象とした奨学金制度です!学費・滞在費が大きく免除されるチャンスです!グローバル人材を目指している方、世界に大きく羽ばたきたい意欲のある方、是非ご応募ください。


高校留学の奨学金制度についてはこちら↑

近日開催セミナー

●5月19日(土)10:00〜11:30
【1年留学奨学金】高校留学セミナー[名古屋]
セミナー予約はこちら

●6月06日(水)18:30〜20:00
【1年留学奨学金】高校留学セミナー[名古屋]
セミナー予約はこちら

●6月30日(土)13:00〜14:30
【1年留学奨学金】高校留学セミナー[名古屋]
セミナー予約はこちら

その他高校留学について ICC高校留学HP
ICC国際交流委員会について ICC国際交流委員会HP

**ICC名古屋支店**

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル4階
名鉄名古屋駅/JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅 から徒歩5分
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

2018-05-17 | Posted in 小・中・高校生の留学No Comments » 

関連記事