応募する

MESSAGE サポートメッセージ

From Takeshi Takada

ブリスベン拠点のポストプロダクション・VFXの制作会社「Alt.vfx.」の創業者

Takeshi Takada

プロフィール

12歳のときにオーストラリアに渡り、グリフィス大学を卒業。2011年、ポストプロダクション・VFXの制作会社Alt.vfx.を起業。ブリスベンとシドニーの中心地にオフィスを構える同社は、4年間で56人のスタッフを抱えるまで成長。アメリカ、日本、インド、台湾などを含む世界中の企業からの最先端のVFX技術を使用したクリエイティブ制作のオファーを受けている。

「The Lord Mayor's Multicultural Awards for Business」など多数の賞を受賞している。

Alt.vfx.オフィス

メッセージ

僕がオーストラリアに住み始めたのは12歳のとき。父の仕事の関係で移住しました。グリフィス大学を卒業した後、8年間は日本で働いていましたが、オーストラリアの企業からオファーを受けて戻ってくることになりました。その企業でいくつかの大企業のTVCMを制作しているときに、のちの共同創業者となるColin Renshawに出逢います。彼との仕事は刺激に溢れ、二人でポストプロダクション・VFXを専門にする制作会社を立ち上げ、今に至ります。

僕は、様々な国からの移民や留学生を抱えるオーストラリアで過ごすことで、世界を舞台に仕事をするための多様性を身につけました。ここオーストラリアは、日本の若い人たちが国際感覚を身につけるには最適な場所。みなさんには是非BSAにチャレンジし、様々な刺激を受け、自分の将来の糧となる経験を積んで欲しいです。

プロモーションパートナー

Best Semester Abroadは、すごい旅人求人サイト - サゴジョー 様にプロモーションを応援してもらっています。

サゴジョー

SAGOJOは、旅先でコンテンツ制作の「シゴト」をすることで、企業から「リターン」を受け取りながら旅することができる「すごい旅人求人サイト」です。