大学院に留学する

英語のフォローアップシステム

オーストラリア・ニュージーランドの大学院に留学するにあたり、ぜひ活用したいのが、英語のフォローアップシステムです。 各大学は大学付属の英語学校を併設しており、大学院での勉強に備えるべく、Academic Englishと呼ばれる英語コースを開講しています。 General Englishと異なり、大学院を念頭に置いたカリキュラム構成されているのが特徴です。

一般的な英語コース

よくある名称を掲載しました。大学によってコース名が変わることがあります。

English for Academic Purpose

大学院での学習に向け、単純な英語力だけではなく、エッセイの書き方やノートの取り方など、学習に関わる英語全般について学ぶコース。
5週間毎のモジュールになっている学校がほとんどで、通常コースに入るには中級以上の英語力が求められる。
これらのコースと大学院の条件付き合格を合わせた「パッケージオファー」は英語力が不足している学生には狙いやすい入学方法。



Advanced English Course

すでに大学院に進学するには十分な成績を取得している学生が、入学前にさらに英語力を磨き、大学院での学習がスタートした直後からスムーズについて行けるように準備するコース。
入学にはIELTS 6.5、TOEFL 80程度が必要となる。
すでに英語力がある学生向けなので、通常は大学院スタートの直前5週間程度開講される。

Intensive Academic Writing

IELTSやTOEFLのWriting sectionで思う様にスコアが伸びない人の為の集中講座。Writingは大学院に進学後もエッセイ等を書く上で非常に大切なスキルとなるため、単に大学院に入学するためだけではなく、その後の勉強に付いていく上でも大切な講座。
入学にはIELTSのWriting Sectionで6.0以上が必要となる。集中的にWritingだけを強化するため、5週間程度で実施されることが多い。



ICCアカデミー

ICCでは大学院留学を見据えた英語学習を日本国内で提供しています(東京・恵比寿)。
現地の英語研修よりも予算を抑え、かつ効率良く、しっかり英語の基礎力を高めたい方は受講をおすすめします。


オセアニア大学院6つの特徴 大学院のシステム 英語のフォローアップシステム 世界が認める高い教育水準 学費と生活費(物価) 留学先の都市
SPECIAL CONTENTS 成功させる留学Q&A 就職サポート 体験談 オフィスで相談 メールで相談 カウンセラーブログ 英文レターサンプル ICC提携大学 大学・大学院 合格判定の申し込みはこちら マレーシア留学

大学院留学TOP


ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
株式会社 ICCコンサルタンツ ※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員

一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者