シンガポール企業と日本企業の働き方の違いとは?

こんにちは。ICC名古屋支店の吉村です。
皆さんは「シンガポール」という国にどのような印象をおもちでしょうか?
実は、シンガポールには、「働く」「ビジネス」という面では、とても魅力のある国なのです!
シンガポールという国は、1963年に国として独立し、大きさも東京23区と同じくらいの面積しかないにもかかわらず、外国人来訪者数は年々上昇しており、現在の観光収入は約18,386ドル(USD)と言われているほどの観光立国です。また、日本と同様に少子高齢化が深刻な問題となっていますが、シンガポール経済成長率は日本の2倍以上の3.6%と右肩上がりです。
日本でビジネスをやっていきたい人にとっても、シンガポールでインターンなど働く経験をもつことは、沢山のビジネス展開のためのヒントが得られる場なのです!!

今回は、シンガポールで働くうえで知っておきたい、日本企業との働き方の違いをご紹介します。

派遣先と日本の働き方の違い紹介

①働き方

シンガポールの人は基本的に仕事が速く、ものすごいスピードで仕事をこなします。というのも、実はシンガポールは月給が2,500シンガポールドル(日本円で20万円)以上で残業代がでないそうなんです!これはびっくりです。。。そのため、日本のように長く居残ることはなく、仕事を速くおわらせて定時に帰宅するのが一般的のようです。

②休暇

シンガポールには有給以外に、病気の時や育児、出産の時などそれぞれ別に休暇が出ます。(病気休暇は年に14日、産休は16週間取得可能)産休は夫婦間でシェアできるそうで、共働きの家庭への配慮がされています。ちなみに、シンガポールでは有給の消化率は9割だそうで、日本人の平均消化率(50%)なので、日本に比べ有給消化のしやすい環境であることが分かります。

③労働に関する法律

シンガポールでは1週間の労働時間の上限と残業して良い時間数が決まっていて、これを破ると罰せられます。法律が厳しく守られることでも有名なシンガポールのことですから、実際の労働時間をごまかして提出しようと思う人はきわめて少ないです。辞職を希望した際に企業側が断ることも違法です。たとえその人に辞めてほしくない場合でも、働き手が辞職を希望したらそれを受け入れなければなりません。

以上いかがでしょうか。日本とは違った環境のシンガポールで働いてみたいっと思った方は是非ICCの海外インターンのご相談にきてください!

ICCが紹介する海外インターンシッププログラム

ICCでは学生の方でも長期休みを利用して行けるために、最短4週間の海外インターンシッププログラムをご紹介しています!
《ICCの海外インターンシップの特徴》
① 多種多様な実習先
② 実践的研修システム
③ 安心と信頼のサポート体制

詳しいプログラムの概要はこちら♪

1週間のシンガポールプロジェクト型インターン参加者募集中!

*【7 Days!】Project Internship in Singapore*

☆マーケティングコース☆
テーマ:ビジネス先進国シンガポールでマーケティングのスペシャリストになるには?
ミッション:スクーターシェアリングサービスを日本で広めるビジネスモデルを立案せよ!
近年経済成長率が横ばいを続けている日本。2020年、またそれ以降の成長に向けて、経済成長率が日本の2倍以上のビジネス国シンガポールと日本の企業の違い、市場の違い、特色の違いをマーケティングの観点から学び、吸収します。また、出発前の事前研修でリサーチやプレゼンテーションの力を付け、最終日には以上のミッションに沿ってチーム毎に発表を行います。

☆ホスピタリティコース☆
テーマ:観光立国シンガポールから見る日本の観光の課題と解決策とは?
ミッション:シンガポール人を始め訪日外国人観光客へ向けた日本の新たなパッケージツアーを立案せよ!
2020年までに外国人観光客4000万人を目指す日本。外国人来訪者数と観光収入が過去最高を迎えた観光立国シンガポールがどのように世界中のトラベラーを魅了しているのか、ホスピタリティに関連する企業を訪問し、海外と日本の企業の違い、市場の違い、特色の違いを生の声から学び、吸収します。
また、出発前の事前研修でリサーチやプレゼンテーションの力を付け、最終日には以上のミッションに沿ってチーム毎に発表を行います。

*こんな人にお勧めのプログラムです!*

☆マーケティングコース☆
・大学では選考していないがマーケティングを学んでみたい
・ビジネス大国シンガポールでビジネスを学びたい
・マーケティングや企画の仕事に転職したい
・将来海外でビジネスをしてみたい
・マーケティングや企画の仕事に転職したい
・毎日忙しいので短期間でインターンと留学経験を積みたい

☆ホスピタリティコース☆
・卒業後、観光業界、航空業界やホテル業界に行きたい
・日本の観光業に興味がある
・東京オリンピックでボランティアしたい
・観光業が成功しているシンガポールの秘密が知りたい

2019年春、就活前に自分をアピールできる経験を積みたい方!1週間で見える世界の変わるインターンをしませんか?
ICC名古屋支店では、毎月海外インターンシップに関する説明会を実施しております。
参加無料ですので、お気軽にお越しください。
▷詳細&ご予約はこちら!

**ICC名古屋支店 連絡先**
Tel: 052-414-6815 (平日10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

正規留学から短期留学、海外インターンシップまで様々な留学のご相談を受け付けております。
いつでもお気軽にご連絡ください♪

2019-01-11 | Posted in 海外のインターンシップNo Comments » 

関連記事