マレーシア留学中の食事

マレーシアグルメ

マレーシアの魅力の一つに必ず上がるのが「料理」とも言われるほど、マレーシアには美味しい食べ物が沢山あります!多民族国家であるマレーシアでは、マレー・中国・インド・ニョニャ料理と、4つの伝統食が楽しむことができます。それぞれの良いところを凝縮してできた料理であり、日本人の口にも合うものが多いと言われています!

《マレー系料理(ハラル系)》

特徴:多様なスパイスやハーブを使用。スパイシーで風味豊かな料理が特徴的です。
例):サテ—、ナシゴレン、ラクサ、ナシッレマなど

《中国系料理》

特徴:華南地方を起源としたものが多く、本土の中国料理よりもスパイスを多様に使っています。
例):飲茶、南海チキンライス、肉骨茶、ヨントーフなど

《インド系料理》

特徴: 主食はパン、ご飯どちらかで、主に鶏肉、魚、野菜やクミンを使った料理が主流です。
例):バナナリーフカレー、ムルタバ、フィッシュドカレーなど

《ニョニャ料理》

特徴: マレーと中国系料理をミックスしたような料理で、スパイシーです。大皿で取り分けるのも特徴的です。
例):ニョニャラクサ、チャプチャイ、プルッヒタムなど

マレーシア留学中の食事について

日本人の留学生の方がマレーシアで食事をする際には、主に滞在先やキャンパスにある食堂を活動する場合が多いです。その他、キャンパス近くのレストラン・カフェ、フードコートまたは屋台を利用して食事をとることもあります。いずれにしても、高級レストランなどで無い限り一人分で一食150円〜300円程度ですみます。ただ、やはり屋台などでは生野菜は避けるべきです。そのため、なるべく料理に野菜の入った食事をとる心がけが必要になります。

マレーシアの大学

マレーシアの大学は基本3年間です。1年生からすぐに専門課程を学ぶため、日本の留学生はまず大学準備コースで一般教養を1年間履修してから進学し、トータル4年をかけて学士を習得するケースが主です。本校をオーストラリアやイギリスに構えている大学も多く、マレーシアでも本校と同じ教育を施すため、その質は高く保たれています。そして、学費は物価と同じく日本の1/2〜1/3です。留学生は大概がセキュリティーも完備している学生寮生活となり、食費などを含めても生活費は月4万円程度です。日本の一人暮らしよりも随分とリーズナブルですよね。

移住先として人気の国として名前の上がるマレーシアは、いまでは英語習得のための留学先としても大変人気になりつつあります。“マレーシアで英語?”と思う方もいるかと思いますが、大学の授業は基本英語であり、教鞭を取る講師は多国籍に渡ります。本校をオーストラリアやイギリスに構えている大学などは、本校から講師を派遣している場合もあります。また、周りは多国籍・多文化に渡る学生群。その中での共通語ももちろん英語なのです。マレー語などの語学を学ぶことも可能なので、トライリンガル(3カ国語話者)を目指すことも可能ですね。



英語を習得したいけど、ちょっとお財布事情も・・・と言う方にはピッタリの留学先ですよ!
そんなマレーシアへICCでは大学・大学院の留学サポートやインターンシップ派遣を行っています。出願から現地での生活中もアドバイザーが寄り添いみなさんの学生生活をお手伝いします。どんどん進化しているマレーシアは常にいろいろな制度が変動しています。留学を計画される際はその変動にきちんと対応し、安心できるエージェントを利用することをお勧めします。

マレーシア大学についてもっと知りたい!という方はICC名古屋支店HPからご予約いただき、無料カウンセリングやセミナーにお越しください。平日に加え、休日もカウンセリング日をご用意しています!

マレーシア大学留学HPもぜひご覧ください。

その他の海外留学や大学留学についてはこちら
オーストラリア大学出願センターHP
大学とインターンのIBPビジネス留学HP
海外インターンシップHP
AIPエアライン留学HP

ICC国際交流委員会について ICC国際交流委員会HP

**ICC名古屋支店**

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル4階
名鉄名古屋駅/JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅 から徒歩5分
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

関連記事