「海外インターンシップ経験」は就活で強い!?

こんにちは。ICC名古屋支店の吉村です。就活の自己アピールの時に海外での留学経験をお話しされる方も多いかと思います。しかし、留学へ行く学生も珍しくありませんし普通の留学経験だけでは人事の目にはとまりにくいです。語学留学やワーキングホリデーより充実した海外経験を積みたい方には「海外インターンシップ」がオススメです。では、なぜ「海外インターンシップ」なのかをご紹介します!

今、人事が求めるのは外国人に負けない”グローバル人材”である

現在、日本で働く外国人労働者の数は約108万人(2016年10月時点)と言われており、その数は毎年増加傾向で2025年には143万人にまで上ると予想されています。そうなると、今までオフィスに外国人が1人の会社が、10年後には社員の半分が外国人というのがが当たり前という時代になります。グローバル化が進み、日本の会社も市場をどんどん海外へ広げていっている状況のなかで求められるのは、語学が堪能でコミュニケーション能力の高い外国人に負けない人材であるということが分かります。グローバル人材とはいったい何なのか?!詳しくはこちら→blog:グローバル人材とは
「参考:パーソナル総合研究所「労働市場の未来推計」(2016年)​」

海外インターンシップで身につくスキル

”海外経験”であれば、語学学校へ通うことや、”ワーキングホリデー”でも同じ事ではないか?と考える方も多いかと思います。しかし、同じ海外経験でも海外で何をして、何を得たのかが明確でなければ、人事の目を引く人材にはなれません。

《人事が採用の際に重視するスキル》

1、コミュニケーション能力​
2、主体性
3、チャレンジ精神​ 
4、協調性​ 

《海外インターンシップで得たスキル》

1、国際感覚・異文化適応力​ 
2、幅広い視野 
3、コミュニケーション能力​
4、主体生

人事が一番に求める「コミュニケーション力」と「主体生」は海外インターンに参加した多くの方が身についたスキルとしてあげています。実践的に英語をツールとして使いながら力を付けていけるので、成果が伝わりやすいのが特徴です。海外で現地の社員とコミュニケーションを取りながら主体的に働けたというエピソードは人事に響くこと間違いありません!

「参照:経団連、厚生労働省​」

ICCが紹介する海外インターンシッププログラム

ICCでは学生の方でも長期休みを利用して行けるために、最短4週間の海外インターンシッププログラムをご紹介しています!

《ICCの海外インターンシップの特徴》
① 多種多様な実習先
② 実践的研修システム
③ 安心と信頼のサポート体制

詳しいプログラムの概要はこちら♪

費用や参加時期などより詳しい詳細をご希望の場合は個別のカウンセリングをご予約ください。
個別カウンセリングのご予約はこちら
来店に限らず、お電話やSkypeでも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

**ICC名古屋支店 連絡先**
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web: ICC名古屋支店HP

2017-12-15 | Posted in 海外のインターンシップNo Comments » 

関連記事