海外ベース外資系CAのメリット・デメリット

海外ベースのCA

こんにちは。ICC名古屋支店の吉村です。私は前職で中東エアラインをしており、当時はUAEという国に住んでいました。今回は、私や現地で知り合ったCA仲間の海外ベース生活についてちらっとご紹介したいと思います。

●そもそも外資のCAはどこに住んでいるのか?

実は、外資のエアラインのCAでも「ベースとなる国に住みながら日本や各国へ飛ぶCA」もしくは「日本に住みながらベースになる国へ定期的に飛ぶCA」に分かれます。その中でも、中東のエアラインの場合、ほぼ100%本社のある中東で暮らすことが条件となります。アジアの場合は、エアラインによって半々くらいですが、ヨーロッパの場合(有名なとこだと、KLMやルフトハンザ)は日本に住みながらベースとなる国へ定期的に飛ぶことが多いです。

海外ベースのメリット・デメリット

☆メリット☆

まず一番の魅力は、「海外に住める!」ということですね。会社によっては、滞在場所・光熱費・空港までの送迎も全て会社が負担してくれるところもあります。日本に住むよりも生活費はだいぶ楽です。また、日本の場合、島国なので海外に行くときの手段は飛行機が多いかと思いますが、海外の場合(例えばヨーロッパなど)は、海外旅行も電車や車で休日に簡単に行けます。また、語学の勉強もしやすいですね!日本の生活とはかけ離れた、非現実的な生活が送れるのが大きなメリットかと思います。

☆デメリット☆

やはり海外ベース最大のデメリットは、帰りたい時にすぐに日本へ帰れないということです。例えば、家族や友人の急な冠婚葬祭でも、スケジュールによってはすぐに帰るのが難しいです。これも会社によりますが、私の経験の場合、数ヶ月間の間、1回も日本線のフライトに乗れず、食料調達や日本でのイベントに参加出来なく残念だったことが頻繁にありました。それが、大きなデメリットかもしれないですね!

CAを目指す方は、自分にどのようなライフスタイルがあっているのかを想像しながら決めると良いかもしれません!

就活の前に、まずは語学を鍛えたい!

〜空のキャリアにつながる、エアライン留学〜
CAやGSを目指されている方には、とってもオススメなプログラムです。
【AIPエアライン留学のHPはこちら】

★エアライン留学の魅力★

① 留学だからこそできる、英語力アップと異文化交流
② 1年以内で身につく”英語力と自信”
③ インターンシップで現場の仕事を体験
④ キャリアコンサルタントが就活をサポート

このAIPプログラムでは・・・・
CAやGSに必要な[英語力 + コミュニケーション力 + エアラインの知識]を同時に養うことができます♪
“AIPプログラム”

実践的な内容のプログラムであるため、終了生の多くがAIPプログラムで得た経験が評価され、帰国後の就職活動を成功させています。
なかには国内大手エアライン2社から同時合格をされる方も!
“AIP体験談”

【終了生の体験談】

近日開催 無料セミナー
短期でも長期でも、インターンシップでも海外について知りたい!という方はぜひセミナーやカウンセリングにお越し下さい。ICC名古屋支店HPからご予約いただけます。

●4月07日(土)10:00〜18:30
【週末希望の方へ】休日カウンセリング[名古屋]
ご予約はこちら

●4月19日(木)18:30〜20:00
【海外で英語漬けの夏休み】中高生の短期留学説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

●4月24日(火)18:30〜20:00
【CA就活サポートつき!】空港インターンシップ留学説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

ICC国際交流委員会についてはこちらICC国際交流委員会HP

**ICC名古屋支店**

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル4階
名鉄名古屋駅/JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅 から徒歩5分
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

2018-04-06 | Posted in 海外のインターンシップNo Comments » 

関連記事