世界にはスポーツっていろいろある

こんにちは留学カウンセラーの伊佐治です。
先日東京オリンピック開催まで、あと800日です!という長期のカウントダウンを耳にしました。オリンピックは要約すると「スポーツを通して、・・・世界平和の維持と確立に寄与することをその主たる目的とする。」となっています。スポーツってすごい力を発揮するんですね!なんだかふと、私が留学した際に体育の授業で初めて経験したスポーツの数々を思い出しました。世界にはいろいろなスポーツが存在するんだと、衝撃的で、でもなんだか愉快なルールのスポーツなんだなと思ったことを覚えています。今日は、個人的に「こんなスポーツってあるんだ」と思ったおもしろ(?)スポーツを紹介します。

いろいろなスポーツ

クリケット

いわゆるソフトボール? クリケットは全面芝のフィールドでプレイされ、中央にピッチと呼ばれる長方形のグラウンドがあります。グラウンドの端からピッチャーはボールを投げます。投球する時は、ピッチャーは肘を曲げてはいけません。反対の端にいる相手チームのバッターは大きなアイスの棒の様な平べったい板で、下から球を打ちます。打った球がグラウンドに戻り、バッターアウトされるまで、グラウンドを往復することで加点していきます(私の説明で分かるか不安です)。なんと、試合中にはティータイムもあり、「紳士のスポーツ」と呼ばれています。
国技としている国:インド、ジャマイカ、ジンバブエ、パキスタン、イングランド、オーストラリアなど

ヤールギュレシ

いわゆるレスリング? レスラーは牛革を縫い合わせて作られた黒い皮ズボンを着用し、全身に大量のオリーブオイルを浴びて組み合います。背後を取ったり、リフトアップすることで加点を競ったり、技を使って一本勝ちのなどポイント差で勝利を決めます。1試合40分ととても長く、またオイルで滑るので、腕力次第の男のスポーツといった感じです。(ちょっと日本のバラエティー番組的においを感じますね。笑)
国技としている国:トルコ

ペタンク

いわゆる地上のカーリング? コート上に描いたサークルを基点として、ビュットと呼ばれる目標の球に向かって金属製の球を投げます。交互に投げあい、時には人の球にぶつけてはじき出すこともあり。最終的に相手よりもビュットに近いほうが高得点をもらい、得点を競い合います。個人戦もチーム戦もあり、どちらかが13点を先取した時点でゲーム終了となります。(おじいちゃんおばあちゃんのゲートボール的なスポーツでもあるようですね)
国技としている国:フランス

世界にはいろいろな文化もあれば、スポーツもある。世界を目指すきっかけは英語・勉強に限らず!スポーツがきっかけで世界に羽ばたいた人も沢山います。ぜひ世界の色々に興味をもってみてくださいね。
※「国技」といっても、実は、法令で決められているもの、事実上で国技と扱われるもの、発祥した国だから国技としているもの、歴史が古く国の伝統文化と関連するもの、など色々な定義で「国技」とされているものがありますので、ご了承ください。

近日開催セミナー

●5月24日(木)18:30〜20:00
【空のキャリアに繋がる】空港インターンシップ留学説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

●6月06日(水)18:30〜20:00
【1年留学奨学金】高校留学セミナー[名古屋]
セミナー予約はこちら

●6月8日(金)18:30〜20:00
海外大学を比較してみよう!大学留学セミナー[名古屋]
セミナー予約はこちら

●6月11日(月)18:30〜20:00
【アジア新コース開設!】実践重視の海外インターンシップ説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

●6月11日(月)18:30〜20:00
【秋出発締切間近】学び働く1年間のビジネス留学セミナー[名古屋]
セミナー予約はこちら

その他高校留学について ICC高校留学HP
ICC国際交流委員会について ICC国際交流委員会HP

**ICC名古屋支店**

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル4階
名鉄名古屋駅/JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅 から徒歩5分
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

2018-05-24 | Posted in 小・中・高校生の留学No Comments » 

関連記事