未来の世界はどう変わる?

グローバル化の現状とこれから

こんにちは。ICC名古屋支店の吉村です。日本で生活をしていると、なかなか世界の動きが分かりにくいと感じる今日この頃です。国際メディアや、ニュースを自ら見る習慣がないと、どうしても目に入りにくいのが理由の1つかと思います。例えば、日本の報道番組では日本の政治やエンタメなどの日本に偏った情報がどうしても多いのが現状です。これは実は、日本独特のメディアの文化かもしれません。何でもネットで調べればすぐ知れる世の中でも、まだまだ日本人は世界の動きに鈍感になってしまいがちです。今世界は急速に変化を進めています。今回はそんなグローバル社会の現状から、近い未来の世界がどのように変化していくのか考えてみました。

① どこででも繫がれる社会

これは普段の生活でも実感しやすいことだと思います。IT革命やソーシャルメディアの台頭によりどこにいても、だれとでも繫がれる世の中になりました。例えば、SNS(Facebook,Twitter,Lineなど)もその1つです。自分のアカウントを作るだけで会ったこともない人と簡単にやり取りができてしまいます。wi-fiが繋がる環境であれば、無料で「テキスト」「電話」「テレビ電話」ができて当たり前です。SNSのトレンド期間もだんだん短くなってきており、現在人気の”Instagram”の次はコレ!というように次々と新しいSNSが誕生しています。

② 世界がどんどん近くなっている

これは、飛行機技術の進化に加え、空の自由化やLCC(low cost carrier)の普及により、費用も安く、さらにスピードも速く人の移動がしやすくなったことがあげられます。遠く思える世界の裏側へもあっという間に着いてしまう時代がすでにきているのです。

③ 国の差がなくなっていく

現在、世界の先進国としてフランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7ヶ国(G7)がよくニュースでも上げられますが、これからは世界中に「先進国」が生まれると言われています。例えば、2000年代以降著しい経済発展を遂げているブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5ヶ国がBRICS(ブリック)、それを追い越す勢いでイラン・インドネシア・エジプト・韓国・トルコ・ナイジェリア・パキスタン・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・メキシコの11か国のNext11も大きく経済成長遂げています。国ごとで経済格差は広がる可能性はありますが、これからは現在のような「先進国」という見解はなくなっていくかもしれません。

このように、グローバル化が進む中、世界の動きも大きく変化しつつあります。
日本で働いていこうという中でも、グローバルに働く力が求められる時代になると考えられます。

学生のうちにグローバルに働ける力を養おう!☆IBPグローバル留学奨学金生募集中☆


グローバル人材が求められる日本。「世界に飛び出し自分を成長させたい!」そんな意欲ある学生を応援するのがIBPグローバル奨学金です。奨学生は、4800名以上の修了生を輩出しているビジネス留学「IBPプログラム」に参加します。IBPプログラムの特徴は、2段階の学びと就職サポート。英語学習、大学の授業、企業でのインターンシップ、就職コンサルテーションであなたの夢の実現をサポートします。

●出発時期:2018年秋/2019年春/2019年秋から選択可能。
●研修期間:10-12ヶ月間です。

詳しいIBP奨学金制度の詳細はこちら

詳しいIBP奨学金制度の詳細はこちら

IBPプログラムについてはこちら

【IBPフェアin名古屋】大学生対象・参加無料

☆開催日時☆
3月17日(土)13:00−17:30

世界トップクラスの大学と提携するIBP留学プログラムの情報がフェアに集結!
フェア当日は提携大学から現地スタッフの来日します。
大学担当者から直接大学の特徴や魅力を聞く だけでなく、自由に質問する機会もあります!

名古屋会場スケジュール

【セミナー】
①13:00-14:30 IBPプログラム×グローバル留学奨学金 〜留学ソムリエに聞く〜
②14:45-15:45 留学×就活セミナー

【大学ブース 個別相談】
大学や授業の特徴、魅力などを直接お伝えしながら、みなさんの質問にお答えします。

詳しい詳細&ご予約はこちら

*ICC名古屋支店 連絡先*

Tel: 052-414-6815 (平日10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

IBP留学以外でも、正規留学から短期留学、海外インターンシップまで様々な留学のご相談を受け付けております。
いつでもお気軽にご連絡ください♪

関連記事