名古屋市の姉妹都市

姉妹都市とは?

こんにちは。皆さんゴールデンウィークはゆっくりお休みできましたか?海外旅行に行かれた方も多いのではないでようか!?
私は、貴重なお休みを名古屋でゆっくり過ごしましたが、栄を歩いていたいた時に、「名古屋市は海外の○○都市と姉妹友好提携を結んでいます」というポスターを見ました。
調べてみると、意外とある名古屋の姉妹都市。
しかし、そもそも「姉妹都市」って何なのでしょう??調べてみました!

●姉妹都市●

世界で最初の姉妹都市は、1893年のアメリカノースカロカイナ州ニューベルンとスイスのベルンの提携にさかのぼるといわれます。
アメリカのニューベルンは1770年にスイスのベルンからの移民によってつくられた町であり、姉妹都市提携を結ぶ以前から人的な交流がありました。
移民先と移民元という、もともとの人的なつながりがあり、自ずから交流があったわけです。
そうした自然発生的な姉妹都市が生まれた一方、第二次大戦後、アメリカとヨーロッパの間の姉妹都市には新しい展開が生まれます。
それは第二次世界大戦で荒廃したヨーロッパの都市を市民の力によって救済するため、次々に姉妹都市提携が結ばれたのです。
またヨーロッパ内でも、フランスとドイツのように敵対国としての関係を修復し、市民間の和解を推進するために姉妹都市提携が続々と結ばれました。
平和構築の手段として姉妹都市提携が行われたことになります。
姉妹都市の提携は1956年のアメリカのアイゼンハワー大統領のピープル・ツー・ピープル・プログラムの提唱によって新たな展開を迎えます。
その前年に、米ソの首脳会談が行われ、第一次冷戦の終結を世界は迎えていました。
アイゼンハワー大統領は米ソ和解をさらに進めるべく、1956年11月11日にピープル・ツー・ピープル・プログラムを正式に発表しました。
この事業は草の根レベルの交流をあらゆる手段を使って促進させ、市民相互の理解を深めることで米ソの和解、そして世界の平和を実現しようとしたものでした。
(参照:国際交流基金日米センター)

協定を結ぶ目的には、「都市が姉妹友好都市提携を結んでいる都市との間の人物、文化、教育、経済等の交流を通じ、両市民の相互理解と友好親善を促進すること。」と言われています。
名古屋市と姉妹都市協定を結んでいる都市との間では、お互いに校友会やお祭りや、講演会などを行っているようです。
例えば、現地の学校体験や、それぞれの国の料理を紹介するイベントも開催されているようです。とても面白そう!!

名古屋の姉妹都市

現在、名古屋市は5都市と姉妹校友都市協定を結んでいます。

☆ロサンゼルス市☆

*提携年月日 昭和34年4月1日

☆メキシコ市☆

*提携年月日 昭和53年2月16日

☆シドニー市☆

*提携年月日 昭和55年9月16日

☆南京市☆

*提携年月日 昭和53年12月21日

☆トリノ市☆

*提携年月日 平成17年5月27日

☆ランス市☆

*提携年月日 平成29年10月20日

近日開催セミナー

●5月09日(水)18:30〜20:00
有給インターンそして年間学費70万円から実現できる、ビジネス留学説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

●5月11日(金)18:30〜20:00
【休学なしでも行ける!】夏休み海外インターンシップ説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

IBPプログラムについて IBPビジネス留学HP
海外インターンシップについて 海外インターンシップHP
ICC国際交流委員会について ICC国際交流委員会HP

**ICC名古屋支店 連絡先**

Tel: 052-414-6815 (平日10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

正規留学から短期留学、海外インターンシップまで様々な留学のご相談を受け付けております。
いつでもお気軽にご連絡ください♪

関連記事