CA採用条件:「視力」について

こんにちは。ICC名古屋支店で留学カウンセラーをしております吉村です。
ICCでは「エアライン留学」というCAや航空業界に興味のある方に特化した留学プログラムをご案内しています。この留学ブログでは、CA業界に興味のある方に向けてCA業界のちょっとした情報もご紹介しています。
今年も外資系エアラインの採用が続々と発表されていますね。CAの採用条件で「身長」を気にされる方が多いですが、「視力」も条件に入ることはご存じでしょうか?今回はCA採用条件の中でも意外と見落としがちかもしれない「視力」についてご紹介いたします!

CA採用の視力基準は『1.0以上』!?

よく、CA採用の募集要項の条件項目に視力は1.0以上と記載されています。
これは主に「矯正視力で1.0以上」という意味をさし、メガネではなくコンタクトで矯正視力という会社が多いです。
(※会社によってはメガネもありというところもあります。)

ですから、もし裸眼視力が0.05だっとしても、
コンタクトを付けて矯正視力で1.0以上であれば、ほとんど問題なくクリアです。

なぜ視力が良くなければいけないのか?

とにかくCAが保安要員であることを忘れてはいけません。

例えば・・・
・緊急事態の時にコンタクトを落としてしまし、対応ができなくなってしまったら?
・暗い機内でもお客様を誘導したり、サービスをしなければいけない時に目が悪いと悪条件になってしまいませんか?
などなど、視力が悪いとCAの仕事上危険性があるということです。

しかし、現代人(特に日本人)にとって大人になっても裸眼視力が1.0以上ある人は意外と少ないかもしれません。
ですから、会社も採用の時にコンタクトレンズを付けて1.0以上あればOKというところが多いです。

コンタクトがあればメガネはいらないのか?

実は、普段コンタクトレンズの方の場合、必ずメガネも持っていなければいけない義務があります。
そのため、外資で海外ベースで暮らさなければいけない方は、メガネを2つ(予備含む)を用意しておくことをお勧めします。

レーシックはやっておくべきか?

実はレーシックはCAでされる方が非常に多い治療です。やはり長時間のフライトだと目が乾いたり、普通よりも疲れてしまいます。
職業柄やっておこうと思われやすいです。
しかし、注意点もあり、しっかり事前に良い病院を調べる必要があります。どうしても病院や先生によって良い悪いがあるので、そこはしっかり調べてから検討しましょう!

以上、CA採用条件である「視力」についてのちょっとしたご紹介でした!

【夜間OK】ホスピタリティ力UPの留学相談

3月12日(月)〜16日(金)の夜20:30まで利用可能
「ホスピタリティ力UPの留学相談」ご予約受付中です。

お昼間が忙しい社会人・大学生のための夜間カウンセリング

昼間のご来店が難しい社会人・学生の方のため、期間限定にて夜間カウンセリングを行います。平日はなかなか時間がゆっくりとれない方、お仕事後にしか時間の作れない方でもお気軽にお立ち寄りいただけます。
ご予約はこちらから!
※お電話・Skypeでも行っています!

その他、平日のセミナーの詳細やご予約はICC名古屋支店のHPをご覧下さい。
名古屋オフィスのHPはこちら

**ICC名古屋支店 連絡先**
Tel: 052-414-6815 (平日10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp

いつでもお気軽にご連絡ください♪

2018-02-21 | Posted in 海外のインターンシップNo Comments » 

関連記事