エアライン留学生現地レポート② 〜日本とはここが違う!海外の語学学校のリアルについて〜

こんにちは。ICC名古屋支店の吉村です。
前回に引き続き、サンディエゴでAIPエアライン留学中である夏目さんの現地レポート第二弾です。
▶エアライン留学生現地レポート① 〜私がAIPを選んだ理由〜はこちら
今回は現地の語学学校で学ぶうえで感じる日本と海外の教育の違いをレポートしていただきました!

授業スタイルの違い

私はCISLの授業は日本の学校に比べて、カジュアルだと思います。カジュアルというのも決してネガティブな意味ではなく、アメリカならではの自由なカルチャーが感じられます。各クラスの先生によって、その程度は変わると思いますが、特に私のクラスの先生は生徒にクッキーを焼いてきてくれたり、お気に入りのお菓子をシェアしてくれたりします。
クラスは少人数なので発言はしやすい環境にあります。クラスは少人数ということもあって、先生だけではなく、クラスメイト同士が近い距離にあるというのも大きなメリットの一つだと思います。
また、私は自分の話をすることが好きなので、クラスメイトのみんなが私の性格を理解してくれて、可愛がってくれるので毎日授業を楽しんでいます。授業内容は先生によって変わりますが、基本的にテキストブックにそって授業を進めていくスタイルです。私のクラスでは授業のはじめに、昨日のハイライトを話すというのがルーティーンにあるので、もし発言するのが苦手な人にも話すタイミングが授業内にもたくさんあると思います。

先生の違い

先生の教え方は、先生自身のバックグラウンドによって180度変わります。例えば、過去に高校で教えていた先生は他の先生と比べると厳しいと感じる時があります。基本的に先生はみんなフレンドリーです。授業に関係ない余談もブレイクタイムにきいてくれたり、英語の文法に関する質問にもしっかりと答えてくれます。

学生の違い

学生の学ぶ意欲は正直なところ、国籍に関係なく人それぞれです。本気で学びたい人とバケーション感覚で来ている人と分かれます。例えば、スイス人の友達で10週間の留学に来ていた子は、旅行を兼ねて、第4ヶ国語の英語を伸ばすために語学学校に通っていました。実際、入学当時に受けたテストのスコアが10週間後には、30点も上がっていたのでバケーション感覚だとしても本人次第で身につく力は変わると思います。また、サウジアラビア人の友達は、語学学校だけでは物足らないと、自分の住んでいる寮からホストファミリーへと環境を変えたいと話していました。文法や日常会話はできるけれど、発音に満足がいかないため、現地に住むホストファミリーと過ごすことによって自分の弱点を克服したと話していました。
一番いい例は、サウジアラビア人の友人のように、自分の欠点を見つけてそれをどう克服できるか考えて行動に移すことだと思います。学校で学べることは、正直限られていると思います。だからこそ、そこからプラスアルファー何かを加えることで、自分の成長に大きく繋がると感じました。

留学スタートから一番伸びていると感じること

英語面で、留学スタートから伸びたのは圧倒的スピーキング力だと思います。自分が思ったことを頭のなかで考えてからではなく、瞬時に言葉として会話ができるようになりました。
生活面では、様々なことに無理をしなくなって余裕ができたということだと思います。留学してすぐの時は、わからないことだらけで無意識に無理していたこともあったのだと今だと思います。最近は慣れて来て、自分の中での毎日のルーティーンも構成されつつあり、以前よりは余裕のある生活が送れています。
また、3ヶ月経ち、友人との距離も圧倒的に近くなりました。ただ、悔しいと感じるのは、深い話をしたい気持ちはあるのに、そのdetailが話せずにもどかしい気持ちになる時も少なくないということです。
これからは、もっと単語量を増やして今よりももっと自分を表現できるようになりたいです!

▶AIPエアライン留学プログラムについてはこちら

サンディエゴってどんな都市?

xxx
●人口約140万人
●ロサンゼルスに続く、カリフォルニア第2の都市 横浜市の姉妹都市
●群域面積は秋田県とほぼ同じ
●日本との時差:+16時間
●特徴:全米一のミリタリータウン、アウトドアレジャーのメッカ、世界最大級のアメ・コミイベントが開催、ロサンゼルスまで車で2時間

サンディエゴの魅力

●気候がパーフェクト!
年間平均気温が20℃〜22℃、そして夏には湿度0%も!といつでも熱すぎない常夏。朝晩の冷えはありますが、それでも最低気温も10℃を下回ることはとてもまれです。いつでも太陽がお友達で気持ちよく過ごせますね。

●アウトドアレジャーが豊富
海、山、砂漠に囲まれた自然豊かな地理条件から、アウトドアレジャーが盛んであり、「America’s Finest City」と呼ばれるほど。実は、綺麗な海外を保つため、サンディエゴ湾から砂を掘り返して、処理を施してビーチに継ぎ足しを行っているのです。ビーチ好きにはたまりません!

●基地の街
海軍基地、海兵隊基地、海兵隊航空基地の3つの米軍ベースがあり、軍務関係者とその家族約12万が住む、全米一のミリタリータウンです。トム・クルーズを一躍有名にした映画「トップガン」のロケ地でも有名ですね。また全米最大級の航空母艦博物館「USSミッドウェイ」があり、これは実際の母艦を使用した博物館のため見所満載です。

●オタク大歓迎!
サンディエゴ・コミコン・インターナショナルが毎年7月に4日間かけて開催され、1日に約13万人もの人が来場すると言われている世界最大級のオタクイベント!会場にはなんどハリウッドスターの姿も・・・。チケットはなんと販売開始から1時間で売り切れる程。(会場問題で2019年以降開催都市が変更するかも・・・との噂も。)

サンディエゴでできるICCの留学

国際空港でインターン中

① エアライン留学

6ヶ月から参加可能な英語学習とインターンシップを組み合わせた、エアライン業界や、またはカスタマーサービス業界を目指している方に最適のプログラムです。名古屋支店ではこのプログラム卒業者が留学の内容や現地の生活など、具体的にご案内しています。
【エアライン留学のHPはこちら】

② 夏の短期留学 (申込締切間近!)

サンディエゴならではのアクティビティを楽しめることはもちろん、英語の学習は1クラス10名以下の少人数制で、語彙文法からスピーキングまでバランスよく学ぶカリキュラムで英語力をしっかりUPできます。なんと、ロサンゼルスのディズニーランドに行く2泊3日の旅行付き!
【サマースクールのHPはこちら】

③ 海外インターンシップ Coming soon!

ICCでは長年の実績を活かし、6ヶ国約200社のインターン企業がご紹介可能です。インターン期間中も出発前から帰国後まで手厚いサポート付き。初めての海外就労でも安心してチャレンジすることが可能です。あなたらしいキャリア体験を築くチャンスです!
【海外インターンシップのHPはこちら】

近日公開セミナー

●01/23(水) 18:30〜20:00
【グローバルな接客能力が身につく!】AIPエアライン留学説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

●01/30(水) 18:30〜20:00
【海外で一流のホテルマンに!】長期(有給・無給)インターンシップ[名古屋]
セミナー予約はこちら

●02/05(火) 18:30〜20:00
【休学なしでも行ける】海外インターンシップ説明会[名古屋]
セミナー予約はこちら

AIPエアライン留学について AIPエアライン留学HP
ICC国際交流委員会について ICC国際交流委員会HP

**ICC名古屋支店**

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル4階
名鉄名古屋駅/JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅 から徒歩5分
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

関連記事