米国2年制大学の特徴ーその①ー

アメリカの2年制大学
「ジュニアカレッジ」・「コミュニティカレッジ」とは?

日本でいう、専門学校のようなアメリカの2年制大学ですが、実は大きく2種類に分けられます。
①ジュニアカレッジ(Junior College)・・・2年制私立大学。
②コミュニティカレッジ(Community College)・・・2年制公立大学です。
全米には、約1,500の2年制大学があるのですが、そのうちおよそ70%の約1,100が②のコミュニティカレッジ(Community College)です。

①ジュニアカレッジ(Junior College)とは

日本の短大に非常に似ています。伝統ある私立大学が多く、クラスも主に少人数です。
しっかりとサポートもつけながら4年制大学へ編入したいと考えられている方にお勧めです。

②コミュニティカレッジ(Community College)とは

コミュニティカレッジは主に、州や市の税金で運営されています。
そのため、留学生にとっても入学がしやすく、授業料もジュニアカレッジや4年制の大学に比べるとリーズナブルなのが特徴です。
※日本人の留学生にとっても人気です。

コミュニティカレッジについて

メリット

*小人数制のクラス
*4年制大学に比べ入学基準が優しい
*学費がリーズナブル
*4年制大学への編入もできる!

入学基準について(英語力)

もちろん学校によって基準は変わってきます。
平均として、TOEFL 46点~61点、英検 2級 2級A 準1級、IELTS 5.0~5.5は必要になります。
コミュニティカレッジにはESL(英語コース)もあるので、英語力が低い方はまず英語コースに入り、その後学部コースへ入ることもできます。

費用について

コミュニティカレッジの場合、州によって授業料が多少違いがあります。そのため、どこの州に行くかで費用がは異なってきます。
目安としては、約6,000~9,000ドルほどが相場として考えられます。

☆次回、おすすめのコミュニティカレッジをご紹介☆

説明会&個別カウンセリング受付中!

**ICC名古屋支店 連絡先**
Tel: 052-414-6815 (平日10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

正規留学から短期留学、海外インターンシップまで様々な留学のご相談を受け付けております。
いつでもお気軽にご連絡ください♪

関連記事